LINEのトーク履歴を復元できないのはなぜ?原因と対策をチェック!

スポンサードリンク
みんなの検索ワード ランキング

LINE無料スタンプ 最新情報

LINEは今や必須と言える連絡ツールです。

そのため、スマホを機種変更する際にはLINEアカウントの引き継ぎも行う必要があります。

中でも、トーク履歴の引き継ぎは少々面倒で、気をつけなくてはなりません。

iCloudGoogleドライブを使用する必要があるためです。

バックアップが確実にできていれば問題ありませんが、場合によってはLINEのトーク履歴を復元できないことも考えられます。

今回は、どのようなケースでトーク履歴が復元できないのかを踏まえて、対処法を解説します。

トーク履歴のバックアップを忘れていたケース

LINEのトーク履歴を引き継ぐためには、どうしてもバックアップを取る必要があります。

そのため、バックアップを忘れてしまうと、トーク履歴を引き継ぐことができません。

しかし、旧端末が手元にある状態で、バックアップをし忘れたことに引き継ぎ中もしくは引き継ぎ直後に気づいた場合は、トーク履歴をバックアップして復元することができる可能性が残っています。

対処法:Androidの場合

Androidの場合は、アカウントを引き継いだ後でもトーク履歴の引き継ぎができる可能性があります。

LINEの引き継ぎが終わった後に、旧端末でLINEアプリを開くと「利用することができません」と表示されます。

このときに、「確認」を押さず、画面下にある「戻る」や「ホーム」をタップしてください。

その上で、マルチタスク画面を開きアプリを強制終了します。

ここで、「確認」を押してしまうと、LINEが初期化されるため、バックアップは完璧にできなくなるので要注意です。

強制終了後に旧端末を使ってLINEアプリを開くと、これまで通りのLINEが立ち上がるので、ホームボタンの設定から、「トーク」をタップし「トーク履歴のバックアップ・復元」からバックアップを実行します。

出典:公式サイト
出典:公式サイト

バックアップが完了したら、新しい端末でLINEを立ち上げて、バックアップの復元をタップしましょう。

対処法:iPhoneの場合

iPhoneではAndroidとは異なり、引き継ぎ完了してしまうと、トーク履歴の引き継ぎは絶望的です。

しかし、「トーク履歴のバックアップ済みですか?」との表示がされている段階なら、まだトーク履歴のバックアップが可能です。

この画面が表示されたら、先に進まずに引き継ぎを一旦やめてください。

その上で、旧端末のLINEアプリを開き、「ホーム」画面から「歯車アイコン」をタップし「トーク」をタップします。

続いて、「トークのバックアップ」をタップし「今すぐバックアップ」の順にタップしましょう。

ここまで完璧に行い、旧端末でバックアップができたら「はい、トーク履歴を復元します」をタップして完了です。

異なるOSで引き継ぎをしようとしている場合

AndroidiPhoneの間での期初変更では、LINEのトーク履歴を引き継ぐことができません。

トーク履歴のバックアップ先が、それぞれiCloudGoogleドライブであり異なるためです。

新端末と旧端末で異なるApple IDもしくはGoogleアカウントでログインしている場合

バックアップした時と、引き継ぎでのアカウントが違うと、データが引き継げない可能性があります。

対処法:バックアップした時と同じApple IDでログインする

iPhoneの場合は、Apple IDが違うとデータのインポートができないため、「バックアップされたトーク履歴が見つかりませんでした」と表示されます。

この場合、引き継ぎを一度中断して、新端末からLINEアプリをアンインストールしなければなりません。

そのため、iPhoneの設定を開き、Apple IDから一旦サインアウトし、バックアップ時と同じApple IDでサインインしましょう。

ここまで行った上で、LINEアプリをインストールして引き継ぎを行えばトークの復元も可能です。

対処法:バックアップした時と同じGoogleアカウントを追加する

Androidを使っている場合は、比較的簡単です。

バックアップの時と異なるGoogleアカウントでログインしていたとしても、Googleアカウントを追加すれば問題ありません。

iCloud Driveがオンになっていないケース

iPhoneでトーク履歴を復元するためには、iPhoneの設定でiCloud Driveをオンにしておく必要があります。

対処法:iCloud Driveをオンに切り替える

iCloudをオンにする場合は、一旦LINEの引き継ぎを中断しましょう。

そして、iPhoneの設定を開き「iCloud」から「iCloud Drive」のスイッチをオンにさせます。

その上で、LINEアプリを開き「トーク履歴を復元」をタップしましょう。

スマホのOSのバージョンが古い

LINEを引き継ぐ新端末と旧端末のバージョンが異なる場合や、LINEアプリのバージョンが最新ではない場合、引き継ぎエラーが発生する可能性があります。

対処法:OSを最新バージョンにアップデートする

万が一、最新のOSではないとの表示がiPhoneで出た場合、一度引き継ぎを中止し、LINEアプリをアンインストールしてください。

そして、OSを最新にした上で、再度LINEアプリをダウンロードして作業を続けましょう。

Androidの場合、LINEは後からトーク履歴を復元できるため、引き継いでも問題ありません。

まとめ

LINEでは大切な人とのやり取りをしている人が多く、トーク履歴が削除されると困るケースも少なくはありません。

そのため、トーク履歴のバックアップは必須作業です。

復元できないことがトラブルが起こったら、慌てずに原因を調べて対処していくようにしましょう。

 もうすぐ配布終了する「無料スタンプ」はこちら

同じキーワードのスタンプを探す

このスタンプに関するQ&Aや情報交換

情報交換・Q&Aにコメントを投稿する

コメントは内容を確認されてから反映されます

スタンプバンクメルマガ

無料スタンプメルマガでは無料スタンプリリース直後にメールでお知らせします。
登録は無料なので、一度お試しで登録!








マンガベストセラー